トイレの位置、気にしてますか?~恥ずかしがり屋カップルのお部屋選び~

  • 2019年8月6日
  • 2019年8月20日
  • コラム
  • 111view
  • 0件

こんにちは!
BREDGEのお部屋コンサルタントの酒井智代です。

素敵なお家をまた見つけました!京浜東北線の大井町駅から徒歩6分、2LDK、13.7万円!築年月は1979年とちょっと古いですけど、2011年にフルリフォームしているので、トントンですね♪

収納も大きいから洋服や服をたくさん買っておしゃれしたい人にもおすすめです。

さらに、メゾネットタイプの2階建てで上に人もいないから、一軒家気分を味わえますね!彼氏と初めての同棲や結婚しての二人暮らしの生活にぴったりです♪

しかも!1階にリビングもあって、誕生日や記念日は彼とお部屋でゆっくりできそう。1階はリビングで彼とくつろいで、2階で一人の時間をお互い作る。

彼とゆったりお部屋タイムを脅かすのは・・・トイレです!

何だか素敵なパートナシップを築けそう・・・なんですが!一つだけ。本当に一つだけ懸念点があるんです・・・「恥ずかしがり屋の貴女」ならもうお気づきかもしれません。

そうなんです。

トイレがリビングに面してるーーー!!!

トイレがリビングに面しているお部屋だと、こんなことが予想できちゃうんです・・・。

・彼にトイレに入ったり出るところを見られるのが気になる
・トイレに入ってる時間を気にしてしまって、ゆっくり入れない
・彼に音が聞こえてないか不安、、、
なんてことが気になってゆっくりできないかも(´・ω・`)音姫様をお呼びするしかなくなります。

※音姫:TOTOの「トイレ用擬音装置」です。ちなみにこのページで『日本女性のデリケートな女心と真正面から向き合ったチーム「音姫」の3人衆』が語っていて、おもしろかったです!

「恥ずかしがり屋の貴女」が部屋を決めよう

もちろん、「そんなの気にしないわ!彼は私の全てを受け入れている!」という貴女は全く気にしなくて良いポイントです。

でも、「恥ずかしがり屋の貴女」は気にしてしまうはず。お部屋は間取りや駅からの近さ、築年数などの条件はもちろん大事です。でも、それは「一般的に見た良いお家」であって、貴女にとって良いお家かどうかは分からないんですよね。

だから「私はこのお部屋でゆったり過ごせるかな」と、3分でもゆっくり考えてみてください。特に!恥ずかしがり屋な貴女は一緒に暮らしてから「実は、音姫を、つけたくて・・・」も言い出しにくい可能性が高いです。だって、「え、どうして?」と彼に聞かれちゃいますから。だから、お部屋を決めるその前に、内見の時にトイレの水を流して音が聞こえないかなどチェックして見くださいね。

そして!彼氏の貴男、旦那様の貴男!恥ずかしがり屋の彼女、奥さんの場合は「ちょっとトイレの音が聞こえちゃうから・・・」と言い出しにくい可能性もあります。男性から「ここ、リビングにトイレがあるから気になっちゃうね」と言ってあげてください。とっても助かるんです・・・!

先回りして言ってくれたその日は、彼女(妻)はご機嫌です!3日くらい!

ということで、本日の「おへやびと」ポイントをさくっとまとめます♪

本日の「おへやびと」ポイント

(執筆:酒井智代、編集:佐野創太、監修:本間誠士)

質問・感想のお送り先

この記事の感想やコメントがありましたら
ぜひ下記までお寄せください!このサイト内でお返事させていただくこともあります。
■info@bredge.jp

「匿名でコメントしたいよ」という方は
マシュマロがあるのでこちらからぜひ♪
でも、怖いコメントは届かないようにしてます~(笑)。

副業でお部屋コンサルタントになりませんか?

今私たちはお部屋コンサルタントを探しています。
定期的に研修を実施しておりますので
こちらからお申し込みください。
https://bredge.jp/

下記のような方がお部屋コンサルタントに向いているのかなと思っています。
一つでも当てはまる方は、ぜひ研修にいらしてください!
■相談に乗るお仕事をしている方
結婚アドバイザー、保険の営業パーソン、トレーナーなど普段から人と話すことが多い方
■人生の転機を支えるお仕事をしている方
キャリアアドバイザー、家電の販売員など人の転機に関わることが多い方
■インテリア、食器を見るのが好きな方
■旅行、引っ越しが好きな方
■自分の好きなことで副業/複業してみたい方

ちなみに!不動産の経験や知識が全くない方もご安心ください!研修やその後のサポート体制も整えていますので、未経験からも始められます。実際に人事担当者の方やWEBディレクターといった業界も職種も異なる人がお部屋コンサルタントとして活躍しています!土日のスキマ時間を使って、友人・家族のお部屋選びをサポートしませんか?

この記事を書いた人

酒井 智代
酒井 智代
こんにちは!
BREDGEの「お部屋コンサルタント」の酒井です。

私はこれまで一人暮らしの家選び、夫との家選びにおいて
不動産会社を30社以上見学した経験から
「どんな暮らしになるかは自分で考える必要がある」と気づきました。

それ以来、家が決まった今でも間取り図を毎日見て
「この家ならこんな生活になる」ということを分析しています。
その結果を皆さんにお伝えできればと思います。

(最近はさらに家具と収納についても勉強を始めました!)

普段は教育系ベンチャー企業で採用担当をしています。

趣味はアフタヌーンティー巡りで、月一で通うようになりました。
空間の雰囲気、出す料理、接客の統一感を常に気にしていまして、
「アフタヌーンティーコーディネーターになりたい!」と、思っています♪
最新情報をチェックしよう!