ちょっと待って!「駅から徒歩3分なんて神物件」じゃないかもです!

  • 2019年7月3日
  • 2019年8月6日
  • コラム
  • 52view
  • 0件

こんにちは!
BREDGEのお部屋コンサルタントの酒井智代です。

素敵なお部屋を見つけました!
東急東横線の武蔵小杉駅から徒歩6分、2LDK、4階建ての最上階!

お値段はちょっとはりますけど一月14.3万円で武蔵小杉に住めるんです!武蔵小杉はJRも東横線も通っているので横浜にも東京にも出やすいですし、近年は都市開発が進んでますます住みやすくなっています。

しかも新丸子駅から徒歩2分。新丸子は下町感が残っているんですよね。武蔵小杉の都市の空気と新丸子の下町の空気の二つが楽しめるお部屋です。

「では、早速お問い合わせ」をと思ったそこのあなた!ちょっとお待ちください!

私が推しておいてなんですが(笑)、「駅から徒歩2分」などのお部屋は、ちょっと注意が必要なんです。実は間取り図だけで「どんな生活になるか」が想像できるんですよね。

ということで、本日の「おへやびと」ポイントをお伝えします!

今まさにお部屋を探しているあなた。これから探す予定のあなた。そんなお部屋の転機にいるあなたに「おへやびと」ポイントが届きますように。

「徒歩2分物件」は駅の音に要注意なんです

「駅からの距離は近ければ近いほど良い」という方は多いです。不動産情報サイトでも細かく「徒歩3分」、「徒歩5分」、「徒歩8分」と選べます。それだけお部屋を探している人は、駅からの距離を重視しているということですね。

ということは、「徒歩3分は最高の物件!」と考えたくなるのですが、あまりにも近すぎると要注意なのです。

 

今回の物件で言うと電車の音が大きく聞こえてくる可能性もあります。もしくは、駅の近くで飲んでいる人が多い場合は人の声も気になるかもしれません。

 

私の友人でもいるんです。「寝る時は無音じゃないと寝られない・・・」という人が。もし無音でいつも寝ている人が徒歩3分のお部屋に住んでそのお部屋が電車の音と人の声が合わさって聞こえてくるとしたら。。。

 

きゃーーーーー!

寝 

ら 

れ 

い  

 

という事故が起きるわけですよ・・・本当にあった怖い話です。駅によっては深夜25時でも「プルルルル」という発車ベルが聞こえてきてしまうんですよね。睡眠時間が減ることは人生の質そのもの・・・話が長くなるのでやめときます(笑)。

夜間の内見は必須です!

では「徒歩2分」などの物件を見つけたらどうすればいいのでしょうか。

実はシンプルですね。寝る時間帯にその物件を内見するのです。とはいえ、これは交渉次第になってしまう面もあるので、物件の前まで行く、駅の様子を観察してみると夜の時間帯にどれくらいの音がするのかが分かります。

本日の「おへやびと」ポイント

最後に本日の「おへやびと」ポイントをまとめておきますね!スクショして旦那さんに送ってください♪

うちの夫もそうなんですけど、「駅から近いのサイコー」としか考えていなかったので釘刺しておきましょう(笑)。

(執筆:酒井智代、編集:佐野創太、監修:本間誠士)

質問・感想のお送り先

この記事の感想やコメントがありましたら
ぜひ下記までお寄せください!このサイト内でお返事させていただくこともあります。
■info@bredge.jp

「匿名でコメントしたいよ」という方は
マシュマロがあるのでこちらからぜひ♪
でも、怖いコメントは届かないようにしてます~(笑)。

副業でお部屋コンサルタントになりませんか?

今私たちはお部屋コンサルタントを探しています。
定期的に研修を実施しておりますので
こちらからお申し込みください。
https://bredge.jp/

下記のような方がお部屋コンサルタントに向いているのかなと思っています。
一つでも当てはまる方は、ぜひ研修にいらしてください!
■相談に乗るお仕事をしている方
結婚アドバイザー、保険の営業パーソン、トレーナーなど普段から人と話すことが多い方
■人生の転機を支えるお仕事をしている方
キャリアアドバイザー、家電の販売員など人の転機に関わることが多い方
■インテリア、食器を見るのが好きな方
■旅行、引っ越しが好きな方
■自分の好きなことで副業/複業してみたい方

ちなみに!不動産の経験や知識が全くない方もご安心ください!研修やその後のサポート体制も整えていますので、未経験からも始められます。実際に人事担当者の方やWEBディレクターといった業界も職種も異なる人がお部屋コンサルタントとして活躍しています!土日のスキマ時間を使って、友人・家族のお部屋選びをサポートしませんか?

この記事を書いた人

酒井 智代
酒井 智代
こんにちは!
BREDGEの「お部屋コンサルタント」の酒井です。

私はこれまで一人暮らしの家選び、夫との家選びにおいて
不動産会社を30社以上見学した経験から
「どんな暮らしになるかは自分で考える必要がある」と気づきました。

それ以来、家が決まった今でも間取り図を毎日見て
「この家ならこんな生活になる」ということを分析しています。
その結果を皆さんにお伝えできればと思います。

(最近はさらに家具と収納についても勉強を始めました!)

普段は教育系ベンチャー企業で採用担当をしています。

趣味はアフタヌーンティー巡りで、月一で通うようになりました。
空間の雰囲気、出す料理、接客の統一感を常に気にしていまして、
「アフタヌーンティーコーディネーターになりたい!」と、思っています♪
最新情報をチェックしよう!